京阪宮之阪駅から徒歩1分
トップアイコン コース案内 料金 アクセス 体験
スタッフ 風景 質問 問い合わせ ブログ


アメリカ英語の時制

0
    アメリカ英語がかなり崩れてきているというお話を少し・・・

    アメリカ英語では現在完了形(have done)を過去形(did)で代用することもある、
    ということはかなり以前からのことなのでまあ知っていました。

    個人的な推測では、アメリカはいろんな国からの移民の国なので、日本人と同様に
    英語を母国語としない国の人にとって完了形の時間の感覚がややこしかったんだと考えています。


    しかし、アメリカ人講師のMattがレッスン中に言った一言・・・

    If he hadn't had to work yesterday, he would have came to my house.

    ・・・ん?え〜‼Σ(゚д゚;)

    なにそれ?ちょっとした言い間違い?そんな使い方聞いたことないんだけど・・・
    「have + 過去分詞」をまとめて「過去形」にするのは知っていたけど、
    「have + 過去形」っていうのを初めて聞いた瞬間でした。

    このときはMattのことを10歳くらいまで他の国で産まれ育った偽アメリカ人だと本気で疑いましたが、
    その後(おそらく)アメリカ人の書いたニュース記事に

    Some countries have just went the simple route though, 〜

    という一文を発見し、こういう使い方されるんだなぁと再確認しました。

    いちおうこの使い方をイギリス人講師のEdに確認したところ、イギリスではこんな使い方は
    しない。この英語は間違っている、とのこと。
    まあ、日本人が「間が持たない」と言ってるようなものでしょうか。

    しかし、こっちがテキスト使って「have + 過去分詞」で教えているのに、
    横で「have + 過去形」は文法的に正しいとか言い張るのやめてよ(´・ω・`)

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others