京阪宮之阪駅から徒歩1分
トップアイコン コース案内 料金 アクセス 体験
スタッフ 風景 質問 問い合わせ ブログ


宇宙兄弟

0
    最近「宇宙兄弟」というマンガを読みました。

    いい!(^-^)心が熱くなったり温かくなったり、元気にさせられます。

    さて、まず最初にちょっと熱くなるシーンから

    あの時の「ツン君」が宇宙飛行士となり、そしてあの「モジャ君」が十数年ぶりに
    俺の前に現れた。俺の心はずっと躍りっぱなしなんだ!




    That "pointy-kun" from before would become an astronaut, and
    that "Fuzz-kun" would appear before me ten years later.
    My heart has been dancing this whole time!


    ん〜、この「would」はなんだろう?それに「ten years later」も誤訳っぽいし...
    「ツン君」はもう今宇宙飛行士になってるんだから will の過去形ではないだろうし、
    仮定法でもないと思う。

    で、シンプルに

    That "pointy-kun" of that time has become an astronaut, and that "Fuzz-kun"
    appeared before me after ten years' absence.

    でいいんじゃないの?って外人さんに聞いたら、最初の「would」のあるセリフのほうが
    いいって言われました。より自然で感動的だって。


    え〜本当に?本来の日本語のセリフわかってないんでしょ?と思いながらもちょっと
    調べてみると、これか?と思う例文を見つけました。

    I never thought I would see you again.(まさかあなたにまた会うとは思わなかった)


    以前は〜だろうと思わなかったという過去の文で、時制の一致で will が would に
    なってます。


    これだったら実際には今なってるって意味になるし、過去の一時点からの10年後、

    「ten years later」も納得できます。


    つまり That "pointy-kun" from before would become an astronaut. は


    「まさか前に会ったあのツン君が宇宙飛行士になるとは(思いもしなかったよ)」


    ってことみたいです。


    え〜(´・ω・`)前のページで昔この兄弟を見たときに「あーいうのが将来宇宙
    飛行士になったりするんだよな」ってセリフあるじゃん…ってツッコミはおいといて、


    この「would」の正体がわかってちょっとすっきりです。

    ちなみに「I never thought」はよく省略するの?って聞いたところ、普通はしないけど
    理解できるよとのことです。


     

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others